Archive for the Books Category

ギャングスター・ラップの歴史 The History of Gangster Rap by Soren Baker ソーレン・ベイカー

Posted in Books with tags , , , , , , , , , on 29/09/2019 by uprisemarket

ギャングスター・ラップの歴史 The History of Gangster Rap by Soren Baker
ソーレン・ベイカー
スクーリー・Dからケンドリック・ラマーまで

サイズ B5本

80年代後半、その暴力的かつ過激な歌詞で若者の心をわしづかみにし(そして大人たちを激怒させ)、今なお進化を続ける「ギャングスター・ラップ」。

過酷な社会環境に屈しないハングリー精神、リアルな言葉、優れたビジネス感覚でアメリカを制した“ストリートの詩人”の歴史をたどる一大音楽絵巻が邦訳刊。

18年に史上初のピュリッツァー賞受賞ラッパー、ケンドリック・ラマーを輩出したギャングスター・ラップの誕生から現在までを、豊富な図版とコラム付きで紹介。
日本版にはLA在住の本書訳者・塚田桂子による解説を追加収録。

ジョーダン・ファーガソン J・ディラと《ドーナツ》のビート革命 / J Dilla’s Donuts [Jordan Ferguson]

Posted in book, Books, Music, News, records, STONESTHROW, US, Vinyl with tags , , , , on 04/08/2018 by uprisemarket

目次
序文  文:ピーナッツ・バター・ウルフ
第1章  Welcome to the Show――《Donuts》の世界へようこそ
第2章  The Diff’rence――デトロイト・テクノからヒップホップへ
第3章  Hi――スラム・ヴィレッジ結成
第4章  Waves――ビートメイキングは連鎖する
第5章  Stop!――批評とは何か? 解釈とは何か?
第6章  The Twister (Huh, What)――グループからソロへ、デトロイトからLAへ
第7章  Workinonit――車椅子の偉大な男
第8章  Two Can Win――「これはハイプではない」
第9章  Geek Down――ビートを通して死に触れる
第10章  The New――ディラ流「晩年のスタイル」
第11章  Bye――《Donuts》という永遠の環

解説――《Donuts》をよりおいしく味わうために
ディスクガイド
A-side  ディラ・ビーツの基本を知る10枚
B-side  ディラ・ビーツの深層に触れる10枚

訳・解説:吉田雅史
1975年生まれ。“ゲンロンx佐々木敦批評再生塾”初代総代。批評家/ビートメイカー/ラッパー/翻訳家。
「ele-king」「ユリイカ」「ゲンロンβ」などで音楽批評を中心に活動。
著書に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之、磯部涼との共著)。
MA$A$HI名義でMeisoのアルバム『轆轤』をプロデュース。最新作は8th wonderのFake?とのアルバム『ForMula』。

序文:ピーナッツ・バター・ウルフ
デザイン:森田一洋

今日から使える ヒップホップ用語集

Posted in Books with tags , , , , on 25/12/2017 by uprisemarket